BAUER -LOS ANGELES POTTERY COMPANY-

料理と視覚の深い関係

人の第一印象は、3秒で決まるといわれています。
目は、その対象物を全体的に捉え、イメージを作るのに最も重要な役割を持っているのです。 料理に関しても、同じようなことがいえます。 食事は、『味』と『美』の調和を楽しむことができるものです。食べ物を、「美味しい」と感じるのは舌だけではありません。例えば、目隠しをして食事を口に入れたとき、あなたはその料理が何なのか、正確に言い当てることができるでしょうか?おそらくは、曖昧にしか分からないでしょう。 人は、口にする前に、目で見たり香りをかいだりすることで、料理を認識し脳が刺激されて食欲が増大します。「日本人は目で料理を食べる、 西洋人は鼻で料理を食べる、中国人は舌で料理を味わう」という有名なフレーズがあることからも分かるように、日本人の食事の満足度には、視覚の情報が大きく影響します。五感の中でも特に有力な視覚の効果を利用して、素材をより美味しくみせるための工夫をしてみませんか? その工夫として、料理に使用する食器類に目を向けてみましょう。カフェやレストランなどのメニューは、実は家庭とあまり変わらないものを出している場合も多いです。しかし、お店のおの色や質感、プレートの盛り付けが工夫されているため、より美味しそうに感じられます。センスのあるテーブルコーディネートを磨けば、ご自宅でもレストランのような演出ができるようになります。 海外陶器ブランドの中で、鮮やかな色合いを最初に取り入れたBAUER POTTERYの商品であれば、豊富なカラーバリエーションで個性的なテーブルコーディネートを演出できます。ブランドのコンセプトは、「目にするものから少しでも明るく」であり、発色の良い陶器が見る者の感性を大きく刺激します。あなたの新たなコレクションに、また大切な方へのギフト選びに、ぜひ通販サイトをご利用ください。